傀儡音楽

かいらいおんがく

祝THE ポッシボーJapanツアー2014〜8年かかりましたわ〜FINALに行ってた

ポッシの全国ツアー最終日「祝THE ポッシボーJapanツアー2014〜8年かかりましたわ〜FINAL」中野サンプラザに行ってきました。最高のステージだった! 以下、忘れないうちにぼちぼち感想を。

  • 入場するとすごい量の花。お世話になったギンナナ金成様の花に「祝・無事開催」って書いてて笑う。
  • 俺は2階のファミリー席に着席。年寄りにはロダンがちょうどいい……。ファミリー席センターあたりにアプガのメンバーほか、可愛い女の子が多数。
  • 冒頭に2012年3月の映像が流れる演出。V字回復のスタート地点の確認、みたいなものかしら。いきなりぐっとくるが、ここではまだ涙出ない。
  • たをやめホーンズのファンファーレで盛大なオープニング。身体が熱くなる気がするが、ここではまだ涙出ない。
  • 1曲目「だぞーう」のロビンの煽りで泣いた。この瞬間を待ってたんだなぁ。
  • 最初のあいさつでメンバーから一言ずつ。今日のライブはMCがほとんどなかったんだよね。はしもんが「ポッシボーは今が食べ頃、旬です。この旬はずっとずっと続いていきます」って言ってて、言ってることの意味はわからないけど旬がずっとずっと続くならそれは素晴らしいと思った。あっきゃんは「途中で気合いなくなったら帰っちゃうからね!」とか言ってて最初からツンだった。尺度が「気合い」て。はしもんは「最年長だけど特別仕様、ツインテールにしてみました!」とか言ってた。全然可愛い。マジでかわいい。
  • 「乙Be」のラスト、会場全体がサイリュームライトを下から上へとあげる動きが壮観で、やっぱり2階席っていいもんだなと改めて。
  • 「恋がダンシン!」のラスト、突然長い木の板を持ち込んで、ごとぅーの背中にあてたと思ったら、あっきゃんが壁ドンしてコクるという寸劇。ごとぅーが「よろしくお願いします」と承諾するとちょっと待ったコールとともに大谷雅恵さん登場。劇的な男前っぷりで壁ドン告白。またも「よろしくお願いします」と承諾するごとぅーに会場笑い。
  • テッシーも登場して「パーリィ」。音がデカくて圧倒される迫力。生バンドのパワーがすごいけどポッシのメンバーも全然負けてない。
  • ごとぅーの「Lovely! Lovely!」は可愛らしさMAXだった。ピンクフリルの傘をさしながら踊ってるのを見ると、ピンクと青の衣装が白雪姫のドレスに見えてくるから不思議。
  • 「幸せの天秤」で前半終了。俺、CD音源にリップシンクしてるだけのアイドルも全然好きだけど、この曲とか同じテーブルに並べちゃうのは可愛そうだな、って思っちゃうくらい圧巻。
  • ナイスガールトレイニーが2曲。マイク持って歌ってるのは4人だけで、ほかの子はダンスだけでした。俺不勉強で恐縮なんですけども、この子たちはハロプロ研修生みたいに次のステップがイメージできてトレーニングしてるのかな? それならいいんですけど。靴がスニーカーで好印象。かかとの高い靴で若い女の子に踊らせる文化は本当にやめてほしい……。ちなみにスニーカーもばらばらで「白スニならなんでもいいよ」って感じだったんだろうと想像してこれまた好印象。
  • 後半スタートで、いきなりあっきゃんのソロ。素肌に皮ジャケットの男性ダンサーを二人引き連れてのハードなナンバー。いつぞやの夏のハローで、ごっつぁんが「やる気! IT'S EASY」を初披露した時みたいな不吉なものを感じてしまいました(たぶん杞憂です)。それにしても強烈な迫力。この曲から「どや顔ポッシボー」の4連発。
  • 「いじクレ」の最後、静まり返るところ、今回もとても長くて……。去年の横ブリもTIFもドキドキしたんですが、今回も騒いで静寂をぶち壊す人がいなくて良かったです。でも、ラストの締めって今までもはしもんでしたっけ? 俺なんであっきゃんだと思ってたんだろう?
  • 「Nasty!」のラスト、これまたはしもんが最高に素敵だった。「疲れたわバイバイ」の声がほんの少しだけかすれてて、それが素晴らしくセクシーだった。こんなに表現力豊かで魅力的な女の子のどこがチーママなのかと思いましたね。
  • ドヤ顔ポッシボーの4曲は、なぜか大型ビジョンにアップが映りませんで、ウルトラQというかスパイ大作戦というかウィンドウズメディアプレイヤーというか、変な模様がずっと表示されてました。いや、えっと……アップ映しといてください。
  • 「なんじゃこりゃ」のボーカルヌード部分。だいぶロビンのテンポが走ってる感じでしたが、その性急な感じがドヤ顔ポッシボーっぽかった。
  • 入場の際に配られたピカピカグッズを会場皆で使用しての「希望〜」。ごとぅー先導でのウェーブも楽しかった。上手から下手へ、下手から上手へ。会場前方から後方へ。
  • 「ハピネス」のラストでロビンがバスドラに足をかけてジャンプするという大技。ところが聞けば、曲中にごとぅーが何度かやっていたのを真似したとのこと。気づかなかったですすみません。
  • 「ファイヤーボール」で本編終了。「タオルがなければハンカチでもメガネでも」は定番なのかな?
  • 会場に鳴り響くアンコールの声。スポットライトで壁に映されるのはポのマークでした。
  • やっとMCコーナー。あっきゃんソロに関してエロ過ぎない? の声多数。もろりんの公約確認の為にお腹を出させて割れた腹筋の確認。これまたエロ過ぎない? の声多数。ごとぅーの公約は「センターを獲る!」だったわけですが、聴けばツアーパンフの真ん中の見開きに自分がいる、とのことでした。ごとぅーセンターおめでとう! 時代来てるよ!
  • さわちゃんこと澤田昭子さんとテッシーが登場しての「さくら」。ここからはアコースティックポッシボー。これまた実力を問われる演出だよねぇ。
  • 「幸せの形」ではアカペラコーラス。またまた胸が熱くなります。
  • さわちゃんとテッシーがはけて「スパボ」。銀テープが発射され、ステージからメンバーのフリスビー投げ。ごとぅーともろりんは客席に降り立っての大サービス。「観客と日本一距離の近いライブ」の面目も躍如といったところ?
  • 「バンザイ」はやっぱり盛り上がりますね。会場の一体感が半端ない。そういえばはしもんののどの調子が悪い時、無銭のイベントでもろりんのリードが聴けて嬉しかった、ってことがあったなぁ(はしもんゴメン)。
  • 「ヤングDAYS」やってアンコール終了。ゲストミュージシャン含めたフルメンバーでのステージは大迫力だなぁ。一旦引っ込んで戻ってくるパフォーマンスも愛おしい。
  • ダブルアンコールは「愛しさを束ねて」。今日は入場前に、たくさんの有志ファンが「サイリューム企画にご協力をお願いします」って言いながら赤サイ配ってて、メンバーへのサプライズを実施しました。会場が真っ赤な光にとまってびっくり&涙ぐむメンバー。有志のファンの方々も満足だったのでは? 自分も満足です。
  • そんなこんなの2時間半オーバー。遊び要素の少ない、歌とダンスで、フルコーラスで今のポッシボーの全力を出し切るような、本気を感じるステージでした。アイドルちゃんのステージにありがちな、「ああ、今頑張ってる途中なのね、でもそういう一生懸命なところも可愛いから許しちゃうよ」的なところのない、プロ意識を突き詰めた世界で作り上げられた充実のパフォーマンスでした。5人の真面目さが半端なく伝わってくるステージ(それはシャーク諸塚みたいなゆるさを挟む隙間がないくらいに)。まさにお金を払って足を運ぶ価値があった。「応援してるから」じゃなくて、100%エンターテイメントの受けてとして享受して、大満足の有意義な時間でした。どうもありがとうございました。
  • アルバムのタイトルにするほどのとてもとても大きなこのマイルストーンに立ち会えたことは自分にとっても幸せなことでした。そして、5人が5人とも、(たぶん)健康で、(たぶん)ベストに近いコンディションでこのステージをやり切ることができて本当によかったと思います。神様に感謝したいです。


……そんでもって……。デカい一区切りを乗り越えて、頼れるリーダー・ロビンから「来年は武道館を目指すぞ」の力強い宣言もあって、ポッシがまだまだ前向きに続いていくことがわかって嬉しいです。俺の個人的な感想としては、正直なところ、これ以上デカい会場じゃなくてもいいと思っちゃうし、「もっともっと知ってもらいたい」って理由で毎週毎週無料のステージを続けなくても、もっと勿体つけて中型の会場で毎回ソールドアウトにさせるぐらいでいいんじゃないの、って思っちゃう。思っちゃうんですが、メンバーのみんなが上を目指そうって言うなら俺も一緒に夢を見たい。ネガティブな俺はついついいろんなことを考えてしまうけど、信じぬいてこうして夢をひとつ叶えた彼女たちの力に、俺も乗っかって次に行きたい、と思います。

とにかく今日はお疲れ様でした。ポッシの皆さん、今はゆっくり休んでください。素晴らしいステージをどうもありがとう。おやすみなさい。

 
<セットリスト>

  1. なんかすんごい事もできそーだぞーう!
  2. 全力で愛して…ねッ!
  3. 乙女!Be Ambitious!
  4. 恋がダンシン!(with大谷雅恵
  5. 人生はパーリィー!だぁー!(with大谷雅恵・テッシー)
  6. Lovely!Lovely!
  7. 幸せの天秤
  8. 僕らの世代(ナイスガールトレイニー)
  9. 青春万歳(ナイスガールトレイニー)
  10. ふらちMistake
  11. いじわるCrazy Love
  12. Nasty!
  13. Do Me! Do!
  14. なんじゃこりゃ?!
  15. 希望と青春のヒカリ
  16. さぁ来い!ハピネス!
  17. 永遠ファイヤーボール!

 
<アンコール>

  1. さくら(with澤田昭子・テッシー)
  2. りぼん(with澤田昭子・テッシー)
  3. 幸せの形(with澤田昭子・テッシー)
  4. 勇気スーパーボール!
  5. 全力バンザーイ!My Glory!
  6. ヤングDAYS!!

 
<ダブルアンコール>

  1. 愛しさを束ねて